ボトックス注射を受ける前に

最近では、芸能人やモデルだけでなく、一般の女性も多く愛用しているボトックス注射は、しわが作られる部分にボツリヌストキシンを注射することで、筋肉を麻痺させてしわが作られなくなる状態にして、しわを目立たなくさせる美容整形です。


注射によって、筋肉の動きには欠かせないアセチルコリンを押さえることで、麻痺状態を作るため、筋肉すべてが麻痺状態になるようなことはありません。



ただ、ボトックス注射には、適正な濃度と注入量があり、過剰な量を注入してしまった場合、重篤な副作用やひきつりなどが続くケースもあるので、経験豊富な医師を慎重に選ぶことが大事です。


しわにはいくつかの種類があり、そのしわの種類によって、適切な治療は異なります。



同じ注入法でも、ヒアルロン酸注射は、深いしわの溝を埋める治療に適していて、しわを持ち上げてふっくらと目立たなくさせることを目的として注射します。



主にほうれい線や目の下のクマなどに適していて、筋肉の動きには作用しませんから、表情に影響を与えることはありません。


一方、ボトックス注射は、筋肉に作用してしわをよらなくさせるため、起こったり笑ったりするための表情や顔の動きによるしわをでないようにする目的で注入します。


主に目尻のしわやおでこのしわ、険しい表情を作った時にでる眉間のしわなどの、顔が動いた時にでる表情しわを治療するのがボトックス注射です。ボトックス注射は、注射した際の針跡がほとんど目立ちませんから、外傷的なダウンタイムは少なくてすみます。